この世の幸せを下さる仏さんはお地蔵さんだけ

この世の利益地蔵
地蔵菩薩さんは仏教にある多くの宗派のどれにも属さない仏さんです
お釈迦様の特命でこの世に降臨された仏様です
今の世の中は末法の時代といって、仏様はこの世ではなくご自分の国にお帰りになっておられ、今はお留守なのです
今から56億7千年という気の長い先に、【弥勒菩薩】さまが悟りを啓かれて【弥勒如来】になられて降臨されてくるまでこの末法の時代が続きます
その間、私たちは誰も仏様の救いを受けることはできません
それでは人間が可哀そうだ、というのでお釈迦様は弥勒さんが如来になるまで、その救いの役目をお地蔵さまに代わられるように、とお地蔵さんをこの世の中に派遣されたのです
お地蔵さまは【釈迦如来代理】で人間を救うための全権・全責任を持たれているのです
お地蔵さまは私たちの住む世の中だけでなく、私たちが死後に転生する6つの場所に一人ずつの担当がおられるのです
お墓の入口に居られるようにお地蔵さんは本来6体でおひとりなのです
因みに死後の行き先を決める裁判官の閻魔大王はお地蔵さんの裏の顔なのです
お地蔵さんと閻魔さんは同じ方で役割が違うだけという、ちょっとややこしい関係です
ちなみに、この6つの世界とはどういうところなのでしょうか
天道(西洋でいう天国とは違います)、人道(私たちの世界)、地獄道、餓鬼道(食べても食べても空腹を覚えるところ)、畜生道(動物に落とされた世界)、修羅道(喧嘩・争いに明け暮れる世界)
なのですが、本来は5道といわれており、最後の修羅道はのちに追加された世界なのです
このお地蔵さんの名前の由来は次のようになります
お地蔵さまはお釈迦様に特命を与えられるまではイランの土地の母神だったのです
地蔵の地は大地、蔵は土蔵の蔵と同じで蔵する(持つ)という意味です
大地の恵み、大地の持つ能力、それがお地蔵さんの語源、意味なのです
五穀豊穣をもたらす仏様、それがもともとの地蔵さんのご利益だったようです
今と違って平安・鎌倉といった中世日本の庶民にとっての幸せとは十分に食べられること
それが最大の願いだったのです
お地蔵さんが特命を受けた時の中世の庶民の生きるための願いはまず食べる事だったのです
何が何でも、苦しくとも辛くともまずは生きる事、そのためには食料が不可欠なのです
それの食料を得る事が庶民の第一の願いだったのです
それを助けてきた仏さんが唯一お地蔵さんだったのです
その為に、今もお寺の中ではなく町や村の角々に無数のお地蔵さんが居られます
それと同じ意味合いの【神様】が神社にもあります
それが日本で一番多いといわれる神社・稲荷神社なのです
有名なものとしては京都祇園・八坂神社がそうです
この稲荷という文字、いまは荷を使っていますが元々は【生(な)る】を使っていました
稲が生る神様、それが稲荷神社なのです
因みに雷は神が鳴るが語源で、雷にともなうイナズマは稲妻(いなずま)なのです
雷がもたらす水が作物(稲)を実らせる
だから雷は稲の奥さんなのです
お地蔵さん、お稲荷さん、どちらも身近にあるのはそういう土着信仰のせいなのです
これらは、特にお地蔵さんは仏様というより【お守り】のようなものなのです
そして、特筆すべきことは多くの仏様が今の世の中ではなく死後の世界の幸せや極楽に行けるようにお願いする、いわゆるあの世の幸せを願うためのものなのにくらべ、お地蔵さんは先に書いたようにお釈迦様の命令は『この世における幸せ』を与えなさいというもの
だからお地蔵さんはこの世の幸せ【ゴリヤク】を私たちにもたらす唯一の仏さまなのです

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

お地蔵club

二種類のがんを患い、4度の手術、最初の発病から30年
それでも今は最後の再発から5年経過、無事完治しました
近代科学・医療のおかげでもありますが、最後は【絶対に治す】という自分の心~それが自己治癒力を引き出したものと確信
医学と自己治癒力、その源になったのが地蔵信仰心

月別アーカイブ