地蔵さんへの代理参拝の話

楽しく暮らす、その一助としてのお地蔵さんの話

代参寺~源光寺

源光寺正門 
京と六地蔵・源光寺~周山街道の守り
京都市右京区常磐馬塚町にあります
この地は古くより貴人の隠棲の地として用いられ後深草天皇も隠棲されました
創建は嵯峨天皇第三皇子の左大臣源常の山荘を寺に改めたもの
源光寺
当初は仁和寺の末寺でしたが、現在は天龍寺派の末寺で尼寺・常磐山源光寺になり、ご本尊は地蔵菩薩で、常磐地蔵の愛称で親しまれています
源光
京都六地蔵の一つで8月22日。23日に800年の伝統行事・京都六地蔵巡りに多くの方が参拝されます
源義経の母・常盤御前が磐年に境内に庵をつくりその庵で没したとの伝承があり境内東側にはその墓があり、【源氏義経御母堂常磐御前御墓】と刻まれています
源光寺常盤ゴゼン墓

スポンサーサイト



京都・桂地蔵寺

桂・地蔵寺正門
地蔵寺~山陰街道に安置
京都市西京区桂春日町にある浄土宗のお寺で平清盛により本格的な寺院として建立されました
他説には平安時代の貴族・桂大納言が源経信が山荘を営んだというものもあります
阪急電車の桂駅より5分ほどの所にあります
ご本尊の地蔵菩薩は小野篁が一度冥土に行ったときに生身の地蔵菩薩を拝んだことによりこの世に戻り、その時に木幡山に立つ一本の桜の木から6体の地蔵菩薩を彫ったものの一体です
地蔵寺地蔵像
このお寺の地蔵菩薩はその一本木の最下部で創ったとされ像高この京都6地蔵のうちの最大の大きさで2,58メートルもあります
別名【姉井地蔵】とも呼ばれ京都6地蔵巡りの札所本尊でもあります
たま、桂地蔵の通称で呼ばれ京の通称寺霊場の札所本尊も兼ねています
桂・地蔵寺

近くにはあの桂離宮もあり散策するにはいいところでもあります

日本最古の延命地蔵さん~矢田寺

矢田寺本道

② 奈良・矢田寺 ご本尊地蔵菩薩~正式名称金剛山寺
奈良県郡山市の矢田丘陵の中腹にありお寺です
このお寺の本尊延命地蔵さんは『日本最古の延命地蔵』さんです
約1300年前後の天武天皇である大海人皇子が天智天皇の子どもである大友皇子を破った戦い~壬申の乱の戦勝祈願のためにこの地、矢田山に登り祈願されました
その結果、戦いに勝利し、無事即位をされそのお礼として七堂伽藍48か所坊を造営されました
yatayera地蔵
弘仁年間に満米上人によりこの日本最古の延命地蔵が安置され、それ以降【地蔵信仰の中心地】として存在しています
延命地蔵菩薩は地蔵菩薩の(ごりやく)のうち寿命を延ばし福利~幸福の福と利益の利のことで希望が叶い心身共に生活が安定すること~を与えるために特化されたお地蔵さんです
言い換えれば短命の難をも逃れさせてくださる仏さまです

このお寺は別名アジサイ寺ともいわれ、シーズンにはこの花を愛でるために多くの方が参拝されます
このアジサイは日本特有の花木で西洋アジサイといわれるものは江戸時代にあのシーボルトなどのより持ち出されたものです
因みに私たちが花と認識している部分は花弁ではなく『ガク』といわれるものです
yatateraアジサイ

十輪寺に代参します

1024px-十輪寺本堂(京都)
京都・十輪寺
京都市西京区大原野小塩町481にあり、宗派は天台宗です
平安時代の歌人で六歌仙のひとり、在原業平が晩年に暮らしたところから別名・なりひら寺ともいわれています
中庭に咲く樹齢200年ほどの枝垂れ桜・なりひら桜でも知られています
PICT5872_SAKURA-175x131.jpg
このお寺は文徳天皇の奥さん染殿皇后(藤原明子)に世継ぎが誕生するように祈願し850年に伝教大師(最澄)作の延命地蔵をご本尊として開山されたお寺です
~延命地蔵菩薩は地蔵菩薩の(ごりやく)のうち寿命を延ばし福利(幸福の福と利益の利のことで希望を叶い心身共に生活が安定すること~を与えるために特化されたお地蔵さんです
言い換えれば短命の難をも逃れさせてくださる仏さまです
ご本尊の地蔵菩薩は秘仏ですが毎年8月23日のみご開帳されます
交通はJR京都駅より東海道線から7分ほどの向日町駅下車
阪急バスで30分ほど小塩下車すぐですが、このバスは本数が少ないので要注意です
250px-十輪寺山門

 | HOME | 

プロフィール

お地蔵club

Author:お地蔵club
二種類のがんを患い、4度の手術、最初の発病から30年
それでも今は最後の再発から5年経過、無事完治しました
近代科学・医療のおかげでもありますが、最後は【絶対に治す】という自分の心~それが自己治癒力を引き出したものと確信
医学と自己治癒力、その源になったのが地蔵信仰心

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

100才人生の勧め (11)
未分類 (0)
今日のニュース (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR